ぽんぽん情報

芸能情報シャボン玉のように放出

*

奥原希望のプロフィールや高校は?名言も納得でネックレスは何?

   

気になる芸能情報の今回のゲストは!

奥原希望(おくはらのぞみ)

生年月日  1995年3月13日

出身地   長野県

 

奥原希望

スポンサードリンク

バトミントン選手として活躍されています。

2011年からバトミントン日本代表ナショナルチームに

選出されBFW世界ランキング3位

実力のある今後が期待の若手選手ですね。

 

BFWスーパーシリーズファイナルズ

女子シングルスでは優勝もしているようです。

 

バトミントン選手といえば陣内貴美子さんはじめ

潮田玲子など綺麗な選手も多くそれに続く感じがしますね。

 

関連記事

小椋久美子離婚と脇汗も潮田玲子との不仲理由に?

 

 

 

奥原希望の高校などプロフィール

 

奥原希望さん身長156cmと小さくあの小さな体で

世界と闘っているようですね。

奥原希望さんの出身校は中学が大町市立仁科台中学

卒業後は長野から出て一人で

埼玉県立大宮東高等学校へ入学したようです。

大宮東高校は公立ですが普通科の他体育科のある学校で

運動部の部活が盛んな学校として知られているそうです。

奥原希望さんが入学しバトミントン部に入部するまでは

そんなに強い部活ではなかったようですが奥原希望さんが

入部してからは全国大会へ出場するほどの部活になっているようです。

 

強豪校ではなかったようですがやはり体育科のある

学校というところが魅力で大宮東高校選んだのでしょうか?

 

奥原希望の父はバトミントン選手?

 

奥原希望さんバトミントンを始めたのは

小学2年生の6歳の時だったようです。

父親と姉、兄の影響を受け始めたようですね。

両親や兄弟がやっているから始めるという方

どのスポーツも多いですよね。

 

 

 

ちなみに、うちの息子たちは両親のやったことない野球

というスポーツやっていますが同じ野球部の子の

ほとんどは父親が野球経験者というのがほとんどです。

 

奥原希望さんの父親はバトミントンの選手だったため

バトミントンを始めたのかと思ったのですが父親の

職業は高校の先生だそうです。

 

奥原希望 父

 

奥原圭永(きよなが)さんといって長野県の高校で教師を

していて父親がバトミントン部の顧問を始めたのが

きっかけで奥原希望さん兄弟もバトミントンを始めたようですね。

 

父親がバトミントン経験者かどうかはわかりませんが

学校の先生でも未経験者が顧問やることは

少なくなくないですからね。

 

その、父親の元小学2年生から一日6時間もの練習をしてきたようです。

凄いです。

小学生で一日6時間の練習は遊びたい盛でもあるので

中々難しいと思うのですが父親についていったのですね。

そのかいもあり、小学生6年生にはANAアジアユースU13で

優勝中学では中学医年でシングルスベスト8で2年で優勝。

高校に入ってからも1年生で

全日本ジュニア選手権で優勝しインターハイにも出場

全日本ジュニア選手権では2連覇も達成ししている

凄い選手になったようですね。

スポンサードリンク
>

 

高校2年生から国際大会へも出場しているようです。

 

高校卒業後は日本ユニシスへ入社しもちろん

バトミントンで数々の成績を残しているようです。

 

奥原希望 バトミントン

 

2016年3月には全英オープンで同大会女子シングルスの

日本選手では1977年ぶりの優勝で今注目の選手になっているようです。

 

奥原希望 優勝

 

そんな奥原希望さんのバトミントンを始めるきっかけに

なったお兄さんは奥原希望さん都同じくお父さんの

厳しい練習受けていたので強い選手になっているのかと思いましたが

もちろんインターハイ男子シングルスでベスト8入りした

実力がある選手だったようですがバトミントンの

道へ進んではいないようです。

 

というのも、頭がよく噂では自治医科大学へ

通っていて医大生のようです。

父親が学校の先生ですがなんと母親もどうも学校の先生のようです。

私の周りでもやはり学校の先生の子供は頭が

いい子がおおいのでお兄さんが医大生というのも納得です。

 

奥原希望の名言がすごい。ネックレスは?

 

スポーツ選手といえば名言

結構心に響く名言て多いですよね。

私の息子もスポーツやっているためスポーツ選手の名言は参考にします。

奥原希望さんの名言といえば

自分にスター性を感じて気持ちいいなと思った

だと思います。

なかなか、言えることではないですよね。

自分に自信がなければいえることではないと思います。

 

この言葉を言ったのが16歳の時の

全日本総合選手権の決勝を行った後だったようです。

 

家の姉がよく言っているのですが甥っ子が柔道をやっていて

大将を務めているためいつも決勝の時には先生に

「ここで勝てばお前はスターだ。」といわれるそうです。

決勝の畳の上で最後の一人。

みんなが注目する試合で本人はまだ勝って気持ちいいという

感じには受けたことがないようですがきっと勝てると先生と

奥原希望さんのように感じることができるんでしょうね。

 

 

同じスポーツをやる子供の親として息子や甥っ子たちにも

奥原希望さんのような気持ちになれるといいと思います。

 

いい成績を残している奥原希望さん。

試合中、ちょっと変わった目立つネックレスをつけていますね。

あれは何なんだと気になり調べてみたらクリオ

というメーカーのインパルスネックレスだそうです。

 

奥原希望 ネックレス

 

これはファッションではなくこのネックレスには

柔軟性の向上やリラックス効果、

疲労緊張感の回復効果があるもののようです。

 

よくスポーツ選手がつけている某メーカーの

肩こり予防とかに使うあれに似ていますね。

スポーツをやっている息子持っているので気になる商品ですね。

 

今年はリオオリンピックもあり活躍が楽しみな奥原希望さん。

これからも頑張ってほしいと思います。

スポンサードリンク

 - バトミントン選手 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

松友美佐紀の姉もかわいい?気になる彼氏や高校は?

スポンサードリンク 気になる芸能情報の今回のゲストは! 松友美佐紀(まつともみさ …